腰の痛みやしびれはPLDDの可能性|原因追求で正しく治療

男性

病気の治療

病院

以前、手の震えや動悸息切れなどの症状が続き、病院の血液検査で調べてみてもらったところ甲状腺機能亢進症であることがわかりました。そして一ヶ月間薬を飲んで再度検査したところ甲状腺機能亢進症は治りました。悩まずに医療機関へ足を運ぶことが大事なのです。

詳しく見る

現役世代に最適な治療法

女性

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは腰の激しい痛みや下半身のしびれを引き起こす病気です。椎間板ヘルニアの原因は背骨にあります。背骨は椎骨という骨がいくつも積み重なってできています。椎骨と椎骨の間には椎間板と呼ばれるクッションの役割を果たす部分があります。椎間板の中心には髄核という組織がありますが、この髄核が膨張して外に飛び出してくると、背骨の神経を圧迫して痛みやしびれなどの症状を引き起こします。これが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアの治療は、まず患部の炎症を取り除くことを目的として薬の服用やブロック注射を行います。薬や注射では椎間板を引っ込めることはできませんが、炎症が取れれば痛みはおさまります。それでも治らなければレーザー治療や手術を行います。

仕組みと特徴

椎間板ヘルニアの治療法の中でもレーザー治療(PLDD)は、薬や注射よりも確実で、手術よりも体に負担をかけず、また日帰りで治療を行える場合もあるので、現役世代が仕事を続けながらヘルニアを治すのに最適な方法です。PLDDは、Percutaneous Laser Disc Decompressionの頭文字を取ったもので、日本語では経皮的レーザー椎間板減圧術といいます。PLDDでは、まず椎間板に針を差し込み、そこからレーザーを照射して空洞を作ります。空洞ができると出っ張っていた椎間板が引っ込み神経への圧迫がなくなるため症状がおさまります。これがPLDDの仕組みです。PLDDの手術は日帰りか1泊2日の入院で行います。針を刺すだけなので傷跡が小さいというメリットもあります。PLDDには保険が適用されません。費用は医院や執刀医によって違いますが、35万円から100万円弱程度です。

どのようなものなのか

悩み

食生活の欧米化によって、直腸がんになる確率が高くなります。そのため、食物繊維の多い和食を中心とした食生活を心がけると予防に繋がります。直腸がんの治療は手術がほとんどであり、がんの部位によって摘出範囲が変わってきます。科学技術の進歩によって、これからは肛門の再建手術を行なう病院が増加していくでしょう。

詳しく見る

病気への取り組み

空

病気の一つには癌性胸膜炎などがあります。この病気は肺に大きく関わっていて、これになると肺が胸膜水により圧がかかってしまい呼吸が難しくなってしまうからです。また、これは違う症状も引き起こしてしまうため治療が必要です。

詳しく見る