腰の痛みやしびれはPLDDの可能性|原因追求で正しく治療

医者

病気への取り組み

空

癌性胸膜炎になると、胸膜腔に胸水が溜まってきます。こうなると胸水が肺を圧迫してしまうために、呼吸困難となることも少なくありません。ほんの少し動いただけでも、ゼーゼーと荒い息をするようになってしまいます。また、胸の痛みや貧血などを起こす人もいます。こうした癌性胸膜炎というのは肺癌から発症することも多いのですが、同時に肺炎も疑ってみる必要があるのです。というのも肺癌から二次的に肺炎を起こし、その肺炎が胸膜炎を起こしていることも少なくないからなのです。そうしたときには、まず肺炎を治すことが非常に大切となります。というのも肺炎が原因となっている場合には、肺炎が治れば胸膜炎も自然と治ることが多いからなのです。

癌性胸膜炎になると、とにかく息切れが激しくなるために、歩くことすら辛くなることも少なくありません。胸水を抜けば多少は楽になるものの、また徐々に胸水が溜まってきてしまうのが一般的です。そこで今後は、胸水が溜まるのを防ぐ薬の開発なども行われるようになるのではないでしょうか。完全に溜まるのを防ぐのは難しくとも、溜まる速度を緩やかにするものなら夢ではないような気がします。こうした薬が開発されれば患者の負担も少なくなりますし、治療のスピード化も図れるでしょう。癌性胸膜炎の治療には抗癌剤が使用されますので、抗癌剤にそうした作用をもたせられれば、更に効果的です。薬の開発は常にされていることですし、こうした薬が開発されてもおかしくはないような気がします。